団員ログイン

当弁護団は、
様々な窓口ご用意しております。

お知らせ

過去のおしらせはこちら

相談から訴訟までの流れ

医療問題弁護団では医療事件の法律相談(初回無料)を行っています。
医療事件では、相談をふまえ、調査活動を行います。調査活動をして、法的責任を追及できるかどうかの見込みについて結論を出します。調査の結果や依頼者の意向等をふまえて、示談交渉・訴訟提起などの具体的な法的措置をとります。相談申込みから訴訟等までの流れは、以下のとおりです。
詳細はコチラ
  1. STEP1相談

    相談は、原則2名の担当弁護士が応じます。担当弁護士は、相談者の方が記入された相談票をあらかじめ読んだうえで相談者と面会し、面会の際にはより詳しい事情を相談者から伺います。
    お手持ちの資料の事前送付、当日持参などについては、あらかじめ担当弁護士にご相談ください。

  2. STEP2調査活動

    法律相談の場で、診療経過を分析し、その場で法律上の責任を問えるかどうかが判断できることは極めて稀です。
    カルテの開示や証拠保全手続による入手、カルテの翻訳・検討、医学文献の収集・検討、協力してくれる医師への相談、医療機関への求説明交渉などを経て、当該医療事故の原因分析や検証、医療機関に法的責任を問い得るケースかどうかが判断できることになります。

  3. STEP3訴訟等

    責任追及を受任した担当弁護士は、あらかじめご相談して決定した方針に従って、示談交渉、訴訟の提起等具体的な法的措置をとります。相談の段階では、責任の有無は定かではないことが多いので、訴訟等のことまでを先に考える必要はありませんが、一応進行の目安をご説明します。概略は下記の「手続きの流れ図」をご確認ください。

詳細はコチラ