医療問題弁護団とは?

  • 代表者プロフィール
  • 医療問題弁護団の概要
  • 最近の活動
  • 提供するサービス
  • 医療的専門知識の習得
  • 弁護団による集団的検討のシステム
  • 苦情解決システム
  • 入団を希望される弁護士の方へ

団員解決事件

  • 団員解決事件一覧

相談から訴訟等までの流れ

  • 相談
  • 調査活動
  • 訴訟等
  • 費用
  • 相談票ダウンロード

医療事故Q&A

  • 1.医療ミスを疑ったら
  • 2.法律相談準備 - 弁護士に相談するにあたって
  • 3.調査とは
  • 4.専門家(医師)の協力
  • 5.医療機関による説明(説明会)
  • 6.責任追及について
  • 7.医療裁判の流れ
  • 8.費用について
  • 9.医療裁判の現状

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

プレスリリース

医療過誤判例集

各地相談窓口連絡先

各種資料

リンク

医療問題弁護団

プレスリリース

日付 :2017年01月
2017年1月23日

「新宿セントラルクリニック」(林道也医師)
性感染症詐欺事件 林医師逮捕のご報告

医療問題弁護団
新宿セントラルクリニック対策班

当対策班が代理人として刑事告訴していた「新宿セントラルクリニック」の林道也院長が、平成29年1月17日、詐欺容疑で警視庁に逮捕されました。

林院長は、当弁護団が代理人として提訴した民事損害賠償請求訴訟において、虚偽診断を理由とする敗訴判決が最高裁判所で確定(平成28年6月2日)しているにもかかわらず、未だに被害者への被害弁償に応じていません。


司法に従わない遵法精神の欠如や犯行手口の悪質さに鑑みれば、刑事処分の対象となることもやむを得ないと考えます。


改めてこの違法行為を社会に周知させることによって、新たな被害者が生まれないようにするとともに、行政機関の医療監視・処分、医師会の自律的対応がスムーズになされることを求めます。

(弁護士 服部功志、大森夏織、松井菜採、松田耕平、三枝恵真、佐藤省吾)
以上
   

ページトップへ↑