医療問題弁護団とは?

  • 代表者プロフィール
  • 医療問題弁護団の概要
  • 最近の活動
  • 提供するサービス
  • 医療的専門知識の習得
  • 弁護団による集団的検討のシステム
  • 苦情解決システム
  • 入団を希望される弁護士の方へ

団員解決事件

  • 団員解決事件一覧

相談から訴訟等までの流れ

  • 相談
  • 調査活動
  • 訴訟等
  • 費用
  • 相談票ダウンロード

医療弁護Q&A

  • 1.医療ミスを疑ったら
  • 2.医療側に説明を求めるにあたって
  • 3.法律相談準備
  • 4.弁護士に依頼するにあたって
  • 5.調査手続き
  • 6.医療裁判の現状
  • 7.医療裁判の流れ
  • 8.専門家の協力

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

プレスリリース

医療過誤判例集

各地相談窓口連絡先

各種資料

リンク

医療問題弁護団

団員メニュー
医療事故の法律相談を行っています(初回無料)ご希望の方はこちら
2015年6月15日(月)より
医療相談テレフォンガイド(電話による相談窓口)を設けます

毎週月曜日12時~15時(祝日、年末年始の休業期間を除く)
電話番号:03-6256-8080

詳しくはこちら

トピックス

レーシックホットラインを行います。

2014年12月21日(日)午前10時~午後5時

当日ご相談をお受けできなかった方のため
同じ要領で電話相談を継続しています。
03-5698-8544(医療問題弁護団事務局)まで

糸によるフェイスリフト電話相談は終了いたしました。

2014年4月26日(土)9:15~17:00

糸によるフェイスリフトについてご相談を希望する方は、
医療問題弁護団事務局 (03-5698-8544)までご連絡下さい。

医療弁護団とは?

医療問題弁護団は、医療被害の救済、医療事故再発防止、患者の権利確立、安全で良質な医療の確立などを目的として1977年に設立されました。
現在、このような弁護団の趣旨に賛同する約250名の弁護士(主に東京の3弁護士会所属)が参加しています。
私たちは、現在の医療の実情では患者の権利が尊重されていないと考えており、被害救済と併せて患者の権利の確立、被害の再発防止を目指しています。
そして、そのことを通して、患者や家族の方とともに、医療の改善に努力していきたいと考えています。

最近の活動

主な業績
ページトップへ↑