医療問題弁護団とは?

  • 代表者プロフィール
  • 医療問題弁護団の概要
  • 最近の活動
  • 提供するサービス
  • 医療的専門知識の習得
  • 弁護団による集団的検討のシステム
  • 苦情解決システム
  • 入団を希望される弁護士の方へ

団員解決事件

  • 団員解決事件一覧

相談から訴訟等までの流れ

  • 相談
  • 調査活動
  • 訴訟等
  • 費用
  • 相談票ダウンロード

医療事故Q&A

  • 1.医療ミスを疑ったら
  • 2.法律相談準備 - 弁護士に相談するにあたって
  • 3.調査とは
  • 4.専門家(医師)の協力
  • 5.医療機関による説明(説明会)
  • 6.責任追及について
  • 7.医療裁判の流れ
  • 8.費用について
  • 9.医療裁判の現状

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

プレスリリース

医療過誤判例集

各地相談窓口連絡先

各種資料

リンク

個人情報の取扱いについて

医療問題弁護団

医学専門知識の習得

弁護士は本来法律の専門家ですから医療・医学の専門的な知識はありません。
しかし、医療機関や医師の法的責任の有無を検討するにあたっては医学的な知識が要求されます。そのため、弁護団は医学研修、症例研究会、その他研究会を開催し、所属弁護士はこうした研究会活動に参加することにより医学的な知識を習得しています。

弁護団には、私たちに協力してくれ、公平な立場から助言していただける医師のリストがあります。担当弁護士はこれらの医師と面会し、調査中の事件について助言を得ることができます。
ただ、患者側の弁護士と面会して助言をくれる医師は決して多くはなく、しかもすべての診療科目の医師がいるわけではありません。
ですから、適切に助言していただける医師を探すのに時間と労力を要するのが現状です。

ページトップへ↑