医療問題弁護団とは?

  • 代表者プロフィール
  • 医療問題弁護団の概要
  • 最近の活動
  • 提供するサービス
  • 医療的専門知識の習得
  • 弁護団による集団的検討のシステム
  • 苦情解決システム
  • 入団を希望される弁護士の方へ

団員解決事件

  • 団員解決事件一覧

相談から訴訟等までの流れ

  • 相談
  • 調査活動
  • 訴訟等
  • 費用
  • 相談票ダウンロード

医療事故Q&A

  • 1.医療ミスを疑ったら
  • 2.法律相談準備 - 弁護士に相談するにあたって
  • 3.調査とは
  • 4.専門家(医師)の協力
  • 5.医療機関による説明(説明会)
  • 6.責任追及について
  • 7.医療裁判の流れ
  • 8.費用について
  • 9.医療裁判の現状

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

プレスリリース

医療過誤判例集

各地相談窓口連絡先

各種資料

リンク

個人情報の取扱いについて

医療問題弁護団

プレスリリース

日付 :2013年6月

医療問題弁護団35周年記念シンポジウム報告書
医療事故対策の現状と課題~医療問題弁護団の政策形成への関わり~


1.医療問題弁護団は、1977年に結成して以来、医療事故の再発防止と被害救済、そして患者の権利の確立を目的として活動してきました。2012年に35周年を迎えました。

2012年10月20日、下記シンポジウムを開催し、これまでの活動を振り返るとともに、パネルディスカッションを通じて、(1)医療事故調査、(2)被害救済・紛争解決制度、(3)行政処分・刑事責任について、その現状と課題を考えました。

2.このたび、同シンポジウムの報告を「医療問題弁護団35周年記念シンポジウム報告書 医療事故対策の現状と課題~医療問題弁護団の政策形成への関わり~」としてまとめました。


医療問題弁護団・35周年記念シンポジウム
「医療事故対策の現状と課題
~医療問題弁護団の政策形成への関わり~」


【日時】2012年10月20日(土)14:00~17:00
【場所】中大駿河台記念館2階 281号室
【プログラム】

第1部:弁護団からの報告「医療事故対策の現状と課題」

(1) 医療事故調査(院内事故調査・第三者機関)
(2) 医療被害救済・紛争解決制度(無過失補償、ADR、訴訟)
(3) 行政処分・刑事責任

第2部:パネルディスカッション「事故調創設に向けて何が必要か」

<パネリスト>
川田綾子 氏(医療事故被害者遺族)
矢作直樹 氏(東京大学医学部救急医学分野教授。同附属病院救急部・集中治療部部長)
鳥集 徹 氏(ジャーナリスト)
甲斐克則 氏(早稲田大学大学院法務研究科教授。刑法・医事法学者)
宮澤 潤 氏(弁護士。全日本病院協会顧問)
細川大輔 氏(弁護士。医療問題弁護団副幹事長)
<コーディネーター>
木下正一郎氏(弁護士。医療問題弁護団副幹事長)


ページトップへ↑