医療問題弁護団とは?

  • 代表者プロフィール
  • 医療問題弁護団の概要
  • 最近の活動
  • 提供するサービス
  • 医療的専門知識の習得
  • 弁護団による集団的検討のシステム
  • 苦情解決システム
  • 入団を希望される弁護士の方へ

団員解決事件

  • 団員解決事件一覧

相談から訴訟等までの流れ

  • 相談
  • 調査活動
  • 訴訟等
  • 費用
  • 相談票ダウンロード

医療事故Q&A

  • 1.医療ミスを疑ったら
  • 2.法律相談準備 - 弁護士に相談するにあたって
  • 3.調査とは
  • 4.専門家(医師)の協力
  • 5.医療機関による説明(説明会)
  • 6.責任追及について
  • 7.医療裁判の流れ
  • 8.費用について
  • 9.医療裁判の現状

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

プレスリリース

医療過誤判例集

各地相談窓口連絡先

各種資料

リンク

個人情報の取扱いについて

医療問題弁護団

弁護士の声(団員リレーエッセイ)

危うい自由診療

弁護士 服 部 功 志

まだ小学生ぐらいのころだろうか。遊んでばかりしていてろくに勉強などしていなかった私は、クラスの頭の良い友達のかけているメガネになぜか憧れ、自分もメガネかけたらなんか頭良くなるかも知れないし、かっこいいって思われるかも・・・。
なんてバカなことを考えたものである。 高校3年生の夏にはじめて勉強というものに真剣に取り組んだ私は、慣れない勉強に体が悲鳴を挙げ、それまで両方1.5あった視力が、一気に0.5くらいに下がり、その後もドンドン低下した。
憧れのメガネを初めて買って「おっ!ちょっと似合うかも・・・。」なんて思ったのはほんのつかの間。たちまち目が悪いことがいかに不便かを思い知り、同時に「視力が良かったらなんて幸せなのだろうか」「なんとかして視力が戻らないだろうか」と裸眼で生きているひとのことを心からうらやましく思うことになる。

そんな視力の悪い人間が誰もが思う願望につけ込み、医療を道具にした商売。
レーシック事件はまさにそんな事件であろう。 私をはじめ、医療問題弁護団の多くの弁護士が、レーザー光線を使って視力矯正をするレーシック手術により角膜炎や角膜潰瘍に集団感染させた未曾有の眼科被害事件の解決に取り組んでいる。

70人以上にも及ぶ患者の受けた被害は、眼に走る激痛と、眼が見えなくなるかも知れないという恐怖で、まさに地獄のような日々を過ごすことになった。
眼が思うように見えないことにより、また、急に入院を余儀なくされたことにより、被害者は、日常生活を送ることもままならず、中には、デスク仕事の継続が困難となり失業した方、卒論が書けずに留年したりする方、進学や就職の時期と重なり思い描いていた進路を断念せざるを得なくなった方もいた。
被害者へ聴き取り調査の結果、われわれ弁護団は、報道された「角膜炎などへの集団感染」という短い言葉だけでは到底伺い知ることができなかった、生々しくそして壮絶な被害を目の当たりにし、この事件の被害の大きさを痛感することになった。

その眼科は、芸能人の名前をつかった広告、当時の相場に比べて安い値段、お友達紹介割引、3年間再手術無料といったキャンペーンと言ったさまざまな手段を使って、お客を集めていた。
被害者の方々は、その裏側に、手洗い場がない手術室、薄めて使われていた消毒液、使用済みと未使用が別けられていない医療器具といった衛生管理の実態が潜んでいたとは到底想像できなかっただろう。

専門性に対する社会の信頼に応えてこそ本当の専門家であるにもかかわらず、その社会の信頼を利用した金儲けのために、多くの犠牲者を出した責任はあまりにも大きい。

私は、当初、こうした素朴な怒りから弁護団活動に参加したが、徐々にこの事件の背景に横たわる自由診療そのものの危うさに対しても注目していかなければならないのではないかと思いはじめた。
自由診療行為の中には、治療の必要性も緊急性もないために保険適用が外されている性質のものが多くある。美容整形、インプラント治療、ダイエット外来など。これらは、美しさ、若さなど、多くの人の願望を叶えてくれるいわば魔法のような医療行為であろう。
もちろんこれらの全てが、レーシック事件のように安全性を無視したものでないことは言うまでもない。

しかし、自由診療は、料金を自由に決定できるものである以上、市場が大きくなればなるほど価格競争に陥りがちである。料金を安く設定すれば当然その分どこかで経費を抑える必要が出てくるし、ひょっとしたら安全対策、感染対策にかける労力と費用をおろそかにしていく医療機関が現れるかも知れないし、もう既に存在しているかも知れない。

被害回復を実現はもちろん、そんな危うい自由診療に対して警鐘を鳴らすためにも、今後もレーシック事件訴訟に尽力していきたい。

ページトップへ↑